そばNET - sobasoba.net

そばがきとは?


美味しい風味たっぷりの手打ちそば

そばよりも歴史が古く、そば好きにはたまらない

そばがきについて

about sobasoba.net

そばNET - とは?

そばの美味しさを伝えることをコンセプトに立ち上げた、そばに関係する情報サイトです。


格安SIMの選び方ガイド

スマホの月額が3分の1、数多くある格安SIMの選び方を紹介。


子どもの身長を伸ばすサイト

育ち盛りのお子様をお持ちのママ・パパへ、お子様の身長を伸ばす方法を紹介。

そばがきとは?

 そばの実を使った食べ物の中に『そばがき』というものがあります。実は私も最近初めて知りました。そばといえば麺状のものしか思い浮かびませんでしたので、そば好きとしてはとても興味をそそられました。

 

 そばがきについて調べてみると、『そば粉を練って団子状にしたもの』との事。醤油やそばつゆなどをつけて食べるそうです。(団子系の練りものには目がない私には想像するだけで美味しそうですね)。そばがきのいろいろな画像を見てみると驚きました、食べ方もいろいろあるみたいです。シンプルにそばつゆや醤油にワサビをつけるのも美味しそうですが、甘味としてあんこやきな粉をまぶしたり、はたまた汁ものに入れたり、揚げ物にしてみたり、お餅感覚で磯辺餅のようにしてみたり、あんかけ風にしてみたり・・・と、とにかくレシピをあげればきりがないですね、アレンジもしやすいのが長く愛される秘訣なのでしょうか。

 

碗がきと鍋がき

 ちなみにそばがきには二種類の作り方があります。『碗がき』と『鍋がき』です。碗がきは深めの器に入れたそば粉に熱湯を注いで一気に練り上げる作り方。私の地元である愛知で桃の節句に作られる『おこしもの(おこしもん)』という和菓子と同じような作り方ですね。(おこしものは米粉を熱湯で練ります)そして鍋がきは鍋を火にかけ、その中でそば粉と水(又はお湯)を練り合わせて作るものです。椀がきの方が鍋がきよりも香りが引き立つようですが、ちょっと難しいみたいですね。

 

 そばが麺状になって食される以前から食べられていたそばがき。今でもいろいろな地域で食べられていると思うと、とても伝統深い食べ物の一つなのだなぁと関心してしまいました。


 
 
 
© Copyright 2010 そばNET All Rights Reserved.