そばNET - sobasoba.net

奥深いそばの歴史


美味しい風味たっぷりの手打ちそば

日本の食文化を代表する食材

奥深いそばの歴史

about sobasoba.net

そばNET - とは?

そばの美味しさを伝えることをコンセプトに立ち上げた、そばに関係する情報サイトです。


格安SIMの選び方ガイド

スマホの月額が3分の1、数多くある格安SIMの選び方を紹介。


子どもの身長を伸ばすサイト

育ち盛りのお子様をお持ちのママ・パパへ、お子様の身長を伸ばす方法を紹介。

奥深いそばの歴史

 私たちが日々何気なく食している『そば』。これは穀物であるそばの実を加工して作られた麺類などの料理のことです。日本料理として有名なこのそばには、どういった歴史があるのでしょうか。

 

縄文時代から

 そばとしての歴史は古く、そばの種が縄文時代の遺跡から見つかったという説もあります。しかし最初は凶作の為に食べ物を備えておくというくらいの考えでそばを栽培していたそうです。食べ方もそば殻を外しただけのものをお米のようにして食べたり、脱穀する事を覚えてからも麺としてではなく今でいうそばがきのような練りもの(団子状)としてよく食べられていたようですね。

 

麺は江戸時代

そばが今のような麺の形として一般人に食されるようになったのは江戸時代だそうです。そばが日本に入ってきてからの時間を考えると、まだまだ日は浅く感じます。ちなみに江戸時代、現在のような麺の形となったそばはそば切りと呼ばれ、急速に普及しました。今でも一部の地域では麺状のそばをそば切りと呼んでいるところもあります。

 

つなぎは山芋

 そしてそばといえば『つなぎ』です。つなぎがないとそばを麺状にするのはなかなか難しいものです。現在はつなぎとして小麦粉が主流ですが、昔は小麦自体が高価だった為か、小麦ではなく山芋や山ゴボウなどをつなぎとして使っていた歴史もあるようです。

 

 私はよく江戸時代の時代劇などでそばを食べているところを見かけるので、そばの歴史も江戸時代くらいからかなと思っていたのですが、思っていたよりも古くから日本に存在したようですね。そんな古い歴史を感じながら食べるそばは、また違った味がするかもしれません。

 
 
 
© Copyright 2010 そばNET All Rights Reserved.